パネマジの見抜き方

パネマジとはパネル(写真)マジックのことです。店のサイトなどに掲載されているデリヘル嬢を紹介する写真のことをパネルと言います。
パネルと実際のデリヘル嬢の容姿の格差がある時に使われる言葉です。

風俗って決して安くはない遊びなので好みのデリヘル嬢じゃなかった時の失望といったら一言では表せません。

パネマジは見抜けるか?

デリヘルのパネルを実際に見てもモザイクや手で顔を隠しているなどハッキリと顔が写っているものは少ないですよね。ほとんどのデリヘル嬢が実際に会うまで顔はわかりません

中には顔を出しているデリヘル嬢もいて、可愛いなとも思いますが写真修正ソフトなどで整えられていると考えられます。
写真に偽りなく可愛いと言えるのは、風俗グラビアなどで風ドルと呼ばれる風俗界のアイドルのような子くらいじゃないでしょうか。

今はパソコンも写真修正ソフトも進化しまくってて素人でも簡単に写真を弄ることが出来ます。眼だけを自動で大きくしたり、小顔にしたりも出来てしまうのですから、パネマジを見抜くことは難しくなっています。ぶっちゃけて言えばサイトに掲載されている写真を見てもわからないでしょう。

目当てのデリヘル嬢がブログをやっているならそちらをチェックしてみるのが良いかもしれません。日常のブログの写真まで修正するのは手間がかかるので、どちらかと言えば素に近い写真が見れるかもしれませんよ。

パネマジに頼らないデリヘル嬢の選び方

今のカメラ技術や写真修正技術は本当に目を見張るものがあります。素人目にはどこを修正したかなんてわかりません。探すだけ時間の無駄ともいえます。
デリヘルで彼女を探したいわけではないのですから、プレイが充実すれば良し!と割り切って失敗しないデリヘル嬢探しをするのが良いかもしれません。

理想というのは上を見ればキリがないものです。それよりも最低ラインを決めてしまう方が簡単です。消去法にはなりますが、こういうデリヘル嬢は絶対に嫌だという条件だけを明確に決めてしまうと最悪な失敗だけは避けることが出来ます。
デブは嫌、貧乳は嫌、40歳以上はダメなどと絶対に興奮できないという要素をデリヘル嬢を選ぶ時に伝えるだけでもかなり失敗は減ります。
条件を付ける時じゃ3~5つくらいに絞りましょう。消去法であまり多くの条件を出していると当てはまるデリヘル嬢がいなくなってしまいますからね。

実際の利用者の口コミを利用する

デリヘル体験者のブログや口コミサイトなどには実際のデリヘル利用者による書き込みがあります。いろいろな人がいますが、容姿やプレイ内容を具体的に書いているものを参考にすると失敗が少ないと思います。
ただ一言「可愛い」だけよりも「目がパッチリしていて、鼻筋が通っている」の方がよりイメージしやすいでしょう。人それぞれ可愛いの基準も違いますからね。

個人のブログの場合はデリヘル嬢も少し写りこんでいることもあります。そこから本当の姿が見えることもあります。ただしデリヘル体験ブログを読むのが趣味という人でないなら結構ブログを探すのにも時間がかかります。
興味があって尚且つ時間がある人は試しにどうでしょう。

全国のデリヘルの料金相場をデータベース化